メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

家相設計~基礎作り

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

家相設計を勉強すると、住宅環境の知恵を教えてくれます。
家相の基本は通風と採光にありますが、その中では
床下の環境、建物の基礎づくりも大切なポイントです。

現在主流の住宅基礎は『ベタ基礎』と呼ばれ、床下一面を
コンクリートで一体として固めた基礎が一般的です。

家相設計の基本は通風と採光、床下も大切に考えられる
と言いました。その為には、床下の通風をよくする事
そして、その土地が本来もつエネルギーを建物内に取り込む
事が必要です。

助川工務店も基本はベタ基礎ですが、構造的に問題のない
箇所に四角い開口部を数箇所設けて、土地=土から得られる
エネルギーを建物内部に取り入れるよう工夫しています。
また、その開口部には炭を入れて、湿気にも対策しています。


 

お問い合わせ

お問い合わせ

資料請求

資料請求
株式会社助川工務店 ドリームリビング・リフォーム館
ドリームリビング
家相建築設計推進協会