そのままで、あたらしく。助川の古民家再生。

「由緒や伝統や想い出を残しながら、現代の住まいへと甦る家があります。」

時を重ねるほどに、家への想いは深まっていく。梁や柱、建具などに染みついた記憶は、多くの物語を紡ぎだす。
古民家。そこに漂う空気感や気配は家の魂となり、歴史ある存在のなかに、静かに、誇り高く、そして確実に息づいている。
由緒や伝統のある家を、いまの住まいへと甦らせる古民家再生。ここにあるのは、継承の先にある未来。

そのままで、あたらしく。助川の古民家再生。

「由緒や伝統や想い出を残しながら、現代の住まいへと甦る家があります。」

時を重ねるほどに、家への想いは深まっていく。梁や柱、建具などに染みついた記憶は、多くの物語を紡ぎだす。
古民家。そこに漂う空気感や気配は家の魂となり、歴史ある存在のなかに、静かに、誇り高く、そして確実に息づいている。
由緒や伝統のある家を、いまの住まいへと甦らせる古民家再生。ここにあるのは、継承の先にある未来。

そのままで、あたらしく。助川の古民家再生。

「由緒や伝統や想い出を残しながら、現代の住まいへと甦る家があります。」

時を重ねるほどに、家への想いは深まっていく。梁や柱、建具などに染みついた記憶は、多くの物語を紡ぎだす。
古民家。そこに漂う空気感や気配は家の魂となり、歴史ある存在のなかに、静かに、誇り高く、そして確実に息づいている。
由緒や伝統のある家を、いまの住まいへと甦らせる古民家再生。ここにあるのは、継承の先にある未来。

古の工法や技術を知り、

現代の住み心地をつくる。
助川工務店ならではの技。

明治20年の創業以来、地元である千葉県柏市を中心に、

多くの家を手がけてきた助川工務店。

その歴史のなかで受け継がれてきた、職人としての誇りやこだわりは今でも健在。

匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。

古の工法や技を知り尽くした助川工務店だからこそできる、古民家の再生。

古き良きものと先進の快適性を調和させた、類い希なる住まいが誕生します。

 

古の工法や技術を知り、

現代の住み心地をつくる。
助川工務店ならではの技。

明治20年の創業以来、地元である千葉県柏市を中心に、

多くの家を手がけてきた助川工務店。

その歴史のなかで受け継がれてきた、職人としての誇りやこだわりは今でも健在。

匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。

古の工法や技を知り尽くした助川工務店だからこそできる、古民家の再生。

古き良きものと先進の快適性を調和させた、類い希なる住まいが誕生します。

 

古の工法や技術を知り、

現代の住み心地をつくる。
助川工務店ならではの技。

明治20年の創業以来、地元である千葉県柏市を中心に、

多くの家を手がけてきた助川工務店。

その歴史のなかで受け継がれてきた、職人としての誇りやこだわりは今でも健在。

匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。

古の工法や技を知り尽くした助川工務店だからこそできる、古民家の再生。

古き良きものと先進の快適性を調和させた、類い希なる住まいが誕生します。

 

それは家系にとってかけがえのないもの。

古民家には、現代の住宅にはない技術や材料が多く使われています。例えば、梁では大きな丸太が姿を見せ、玄関や台所は広い土間になっているところもある。また、材木の接合に金物が使われていないなど、構造もいまとは大きな違いがあります。さらに、気密性やプライバシー性が悪く、快適な住み心地とは言えない点も多くあります。壊して、まっさらな家を建てることは簡単です。でも、それでは代々の先祖や住む人が、家に対して培ってきた想いや愛着もなくなってしまう。古民家の良さや価値を大切に残しながら、現代のライフスタイルに合った家へと再生する。私たち、助川工務店にならできます。

それは家系にとってかけがえのないもの。

古民家には、現代の住宅にはない技術や材料が多く使われています。例えば、梁では大きな丸太が姿を見せ、玄関や台所は広い土間になっているところもある。また、材木の接合に金物が使われていないなど、構造もいまとは大きな違いがあります。さらに、気密性やプライバシー性が悪く、快適な住み心地とは言えない点も多くあります。壊して、まっさらな家を建てることは簡単です。でも、それでは代々の先祖や住む人が、家に対して培ってきた想いや愛着もなくなってしまう。古民家の良さや価値を大切に残しながら、現代のライフスタイルに合った家へと再生する。私たち、助川工務店にならできます。

それは家系にとってかけがえのないもの。

古民家には、現代の住宅にはない技術や材料が多く使われています。例えば、梁では大きな丸太が姿を見せ、玄関や台所は広い土間になっているところもある。また、材木の接合に金物が使われていないなど、構造もいまとは大きな違いがあります。さらに、気密性やプライバシー性が悪く、快適な住み心地とは言えない点も多くあります。壊して、まっさらな家を建てることは簡単です。でも、それでは代々の先祖や住む人が、家に対して培ってきた想いや愛着もなくなってしまう。古民家の良さや価値を大切に残しながら、現代のライフスタイルに合った家へと再生する。私たち、助川工務店にならできます。

静かに目をとじていると、
その家がもっている記憶が見えてくる。

古民家を再生する、それは簡単な話ではありません。
その家に息づいている歴史や魂のようなものをそのままに、
快適な現代の家へと甦らせないといけない。
いまの家づくりしか知らない人には、難しいかも知れませんね。
まず、材料が違います。

静かに目をとじていると、
その家がもっている記憶が見えてくる。

古民家を再生する、それは簡単な話ではありません。
その家に息づいている歴史や魂のようなものをそのままに、
快適な現代の家へと甦らせないといけない。
いまの家づくりしか知らない人には、難しいかも知れませんね。
まず、材料が違います。

静かに目をとじていると、
その家がもっている記憶が見えてくる。

古民家を再生する、それは簡単な話ではありません。
その家に息づいている歴史や魂のようなものをそのままに、
快適な現代の家へと甦らせないといけない。
いまの家づくりしか知らない人には、難しいかも知れませんね。
まず、材料が違います。

Copyright (c)Sukegawa co.,LTD. All Rights Reserved.

株式会社 助川工務店  〒277-0005 千葉県柏市柏6-6-18 TEL:04-7163-1011